sifzo Blog

気持ちをつらつらと

IT

休眠化したSNS友達がリスクでしかない件


どうもこんにちは、藤原です。カップスープは明太子クリーム派です。

さて、最近はSNS、特にFacebookの乗っ取り被害が私の周りで相次いでおります。

Facebookが乗っ取られると、レイバンやらよく分からない商品に関するポストをして、さらにそれに勝手に私をタグ付したりして拡散し、本当にウザいので勘弁して欲しいのですが、乗っ取られるのは大抵が非アクティブユーザー、休眠会員です。

彼らは普段からログインしていないので、乗っ取られてもしばらく被害に気付くことがなく、またFacebookメッセージなどもリテラシーの問題からなのかうまく認識できず、周りからの忠告にも気付けないという残念な状態になっていることがほとんどです。恐らくパスワードも他のWebサービスの使い回しでしょうし、セキュリティーに関する意識も低いでしょう。

乗っ取り犯にしてみたら、こんな効果的な攻撃対象はありません。

クソつまらないレイバンのポストにタグ付するくらいならまぁ別に良いのですが(良くはないか)、例えば私が公開範囲を友達まででポストした比較的プライベート度合いが高い写真や内容も、乗っ取り犯には筒抜けであるという方が被害感情が大きくなります。

このような休眠友達を抱えていることはリターンがなくリスクでしかないので、もうFacebookをやらないならやらないで、アカウントを削除するなど、休眠会員の皆様には責任を持って対応していただきたいですが、そんなことを休眠に期待するのも土台無理な話ですので、最近は非アクティブなFacebook友達をせっせとUnfriend(非友達化)しております。

友達リストを表示して、1件1件その人のウォールを訪れ、最近の投稿が数ヶ月前とか、誕生日おめでとう投稿だけの場合は迷わずUnfriendするという作業を気が向いたタイミングでちょっとずつやっているのですが、友達が多いとそれはそれで大変です。

例えば自分の友達リストをスキャンして、数ヶ月間投稿がないアカウントを勝手にUnfriendしてくれるプログラムとかあったら900円くらいまでなら買います。どこか出してくれないかなぁ。

-IT