社会

確定拠出年金が1,428億円ほど塩漬けされている件

2016/11/25

どうもこんにちは。藤原です。おにぎりは比較的ゆっくり食べる方です。

さて、こんなニュースがSNSでシェアされておりました。

「確定拠出年金1428億円塩漬け 転職時など手続きなく」
http://www.asahi.com/articles/ASJC64K1HJC6ULFA006.html

企業が設けている確定拠出年金(DC、加入者約548万人)で、運用されずに放置されている年金の預かり資産が1400億円を超えていることが分かった。DCの加入者が転職時などに必要な手続きを取らなかったためだ。資産は厚生労働省が所管する国民年金基金連合会(国基連)に移されて「塩漬け」になり、老後資金を運用する機会を逃している。

私は確定拠出年金制度が「ある会社」から「ない会社」へ転職したことがあるのでわかるのですが、手続きが超絶面倒なうえに、そもそも貯まってる額を一時金としてもらえるための条件が厳しすぎるのですよね。

例えば100万円の評価額があったらもう脱会しても一時金でもらえません。そしてその100万円の額を面倒な手続で移管しても、結局それがもらえるのは自分が60歳になってから、さらに10年かけて年金で支払われるので、10万円/年ですから8,300円/月なわけです。

若い人が「そんなまだ生きてるかどうかわからない未来の月8千円のためにめんどくさいわ」って思ってしまう気持ちは十分理解できます。若い人であればあるほど60歳までの期間が長く、100万円の現在価値は低く見える(実際は運用されますので割引率がそのまま適用ってことはないでしょうが)ので、移管手続き自体の価値も低く見え、無視したくもなります。

(私は個人版に移管して細々と掛け金を入れ続けていますが、企業負担分がないので大して増えていきません)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-24-23-17-09
※写真は私の細々とした運用状況

「確定拠出年金は預金ではなくて運用だから脱会しても簡単に一時金として引き出せません」ってのが制度上の言い訳なんだけど、脱会時の移管手続きを自らやらなければ、結局この「運用されない」財布にプールされるのです。一時金として返しても一緒でしょう。この「運用されない」財布(国基連)とやらに既得権益があるとしか思えないのです。

プリペイドの電子マネーはユーザーが使わなかった退蔵益で利益を出しています。これと同じで、制度を敢えて複雑にすることによって、本件も誰かがボロ儲けしているんだろうなぁと邪推してしまうわけです。

しかし、われわれ一般ピーポーにとっては面倒ですがしっかり手続きをして、どっかの誰かの不労所得を防ぐしかないというのが現状なので、これから転職する人はぜひ頑張ってください。応援しています。

-社会