社会

3.11発生から1週間のTwitterログ

2016/09/05

3.11から1週間のTwitterログをTwilogで見直してみると、当時の状況が垣間見えて、また自分がどんなマインドだったのかも伺いしれて非常に役に立つ。Twitterアカウント当時あった方は、ぜひTwilogにアクセスしてみてください。

http://twilog.org/

さて、3.11発生から順に代表的なTweetを抜粋すると、まず発生直後

14:58 - 2011年3月11日(金)
高校生の時に大阪で体感した阪神淡路に比べたらチョロかったので、思わずMacBookをかばってしまった。震源地は宮城か。宮城の人が心配だ。

まだ危機感がそんなにない状況でした。確かにそれほど揺れたように思わなかったので、それもやむなしか。
そして色々分かった翌日。

9:55 - 2011年3月12日(土)
この状況でクロネコヤマトは今日の午前中に時間指定した荷物を持ってきた。子供も大喜び。 http://twitpic.com/48m4f7

確かにこれはびっくりした記憶がある。ヤマト運輸やるなと。
そして翌13日は、

16:28 - 2011年3月13日(日)
とりあえず、人命救助や復興支援に関してクソの役にも立たない評論家はしばらく黙っていて欲しい。

不安を煽るのが仕事みたいな輩がいっぱいTVに出てきた時期でしたね。それにいらだちを覚えているようです。
そして業務が始まった月曜日にはこんな投稿を。

8:17 - 2011年3月14日(月)
この期に及んでまだTwitterを社内プロクシでブロックしているような企業は正気の沙汰とは思えない。

Twitterを使っている人とそうでない人とで明らかに情報格差があるなと分かったのも震災が契機。そしてその有益な情報源をproxyでBlockしている企業どうよ?と危機感を募らせている私がいます。
そして翌日は、

16:18 - 2011年3月15日(火)
「早めの帰宅によって、業務に影響が出ないよう、不要・不急の判断をして業務遂行をお願いします。」だとさ。要するに「早く帰れ。でも影響出すな。」と。安全第一、利益も第一。これを戦略とは言わない。今何を第一とし何を第二とするのか。それを示すのがリーダーの仕事だ。

どっちつかずの事しか言えない典型的なダメ会社にいらだっている私がいますね。
そしてヨーロッパサッカーで感動したのが16日。

19:37 - 2011年3月16日(水)
スカパーHDで「バイエルンVSインテル」鑑賞。長友が出た瞬間、オーバーラップでDF混乱させエトーからパンデフ!インテル逆転!試合後はドイツのスタジアムに味スタバージョンのYou'll never walk aloneが流れる。泣きそう。FC東京の長友そして日本を讃える歌だ!

インテル長友全盛期でした。リバプール版じゃない、FC東京版のユルネバがドイツのスタジアムに流れて本当に感動しました。
そして原発関連の話題も増え始める。

17:25 - 2011年3月17日(木)
我がホーム味スタに原発事故で避難してきた人が収容されるそう。何か手伝える事がないか聞いてみよう。こんな時こそJリーグを開催して、彼らに無料で試合を見てもらいたい。

そうそう、Jリーグは開催しないことを理事会で決められ、それに対していらだっていたのを思い出しました。
何でもかんでも「不謹慎」という思考停止ワードが流行った時期でもありました。

13:29 - 2011年3月18日(金)
さて、停電も終わったようなので、これからOfficeに徒歩で向かうなう。

計画停電を思い出させる懐かしいTweetです。まったく無駄なことをしてくれたものです。
結局、数日で計画停電はなくなったんだったかな。で、今まで通り夜遅くまで仕事ができるようになったのですが、当時電気を付けていると「不謹慎」とクレームが来るので、常駐先の会社の方針では「残業時はブラインドは逆に閉めて蛍光灯の光が外部に漏れないようにすること」という指示がでていましたね。やるべき事はそういうことじゃないんだが、みんな冷静さを欠いていました。

そして最後はやはり実家のオカンの天然っぷりに癒やされました。

20:41 - 2011年3月19日(土)
大阪の実家からオムツが届いたのでお礼の電話を早速オカンに。開口一番「原爆の被害はどう?」「いや、原爆の被害はないなぁ」と笑いながら言うと、「あ、間違えた。え〜っと、そうそう、放射能。放射能、飛んできてる?」俺大爆笑。さすがオカン。

こんな風に3.11発生から1週間のTweetを振り返るだけで、当時の出来事が蘇ってきます。これはぜひみんなもやった方が良いですよ。
Twilogなら簡単に振り返りできます。意外な発見もあるかもしれません。

-社会