sifzo Blog

気持ちをつらつらと

サッカー

Jリーグ 2ステージ制開始の話

2016/11/05

阪神が勝って普段のリーグ戦の価値ガーという話が出ているが、まぁ正常な反応だ。サッカーでも今J1で降格の危機に瀕している徳島は昨年のJ2で4 位であり、本来ならJ1の資格はないチームだが、近年新設された昇格プレーオフ(野球で言うCSみたいなもの)で勝ち上がりJ1に昇格したチームだ。

J2ではこれまで上位2チームが自動昇格、3位はJ1の16位との決定戦で勝てば昇格できていたが、J2の4位以下がシーズン中盤以降に望みがなくなると昇格も降格もしないという状態でやる気がなくなり、観客もモチベーションが下がりJ2リーグ自体が盛り下がるという問題があり、またJリーグとしても観客動員数増による新たな収益を見込んでプレーオフを設定したおかげで、これらの問題が解決された経緯がある。なぜなら、6位まで昇格の可能性があるとなれば、7位や8位、9位のチームまでがサポーター含めて色めき立ち、モチベーション高く頑張り出したし、プレーオフでは国立競技場でそこそこの観客動員が達成できた。(私もどちらのサポーターでもないが、去年は京都vs徳島を面白がって現地に見に行った。)

が、そうやって昇格した徳島が真っ先に降格するように、本来J2の4位がJ1でやっていける実力などない(さらにその前シーズン、真っ先に降格した大分はJ2の6位であった)。J2の3位でも大抵、昇格後、翌シーズンに真っ先に降格していた歴史がある。では何故やるのかという話だが、これが前述のような問題(中位以下がやる気をなくしリーグが盛り下がる&新たな収益源の確保が必要)を解決するには手っ取り早い方法だからだ。まだサッカーが文化として根付いていない国としては、こういうプレーオフというお祭り事がないと盛り上がらないということだ。
(野球は昇格や降格がないのになぜリーグ戦の全日程であんなに盛り上がるのか謎だが、やはり野球文化が国に根付いているからだろう。特に西側で。)

この成功?に気をよくしてか、J1も来シーズンから2ステージ制になる。2ステージ制にすることで、1stシーズン優勝チームと2ndシーズン優勝チームによる総合優勝決定戦(チャンピオンシップ)が開催でき、そうなれば観客動員やTV放送による放送権料の獲得ができるという訳だ。またチャンピオンシップで初めて地元のチームを見て、面白いと思ってもらえれば普段のリーグ戦にも来てもらえる(かもしれない)。2ステージ制といえばJリーグ開幕当初から見ている方々には懐かしい響きだろうが、この悪しき制度が残念ながら復活するのである。

サッカーは短期決戦にすると真にチームの実力が反映されないと言われる。レフリングのミスもあれば、"たまたま"そのときの調子の良し悪しで、10回やれば9回は勝てるようなチームが負けたりする。しかし、18チームがホームアンドアウェイで34試合、春から冬にかけて長丁場を戦うことで、そういうイレギュラーな要素は徐々に薄められ、最終的に1位にいるチームが本当にチーム力が有り強いチームである、ということはサッカーファンなら誰しもが認めるところである。

従って、サッカーファンは軒並み、真にチーム力が反映されない2ステージ制(1ステージの試合数がこれまでの半分になる)には大反対なのであるが、この状態で2ステージ制が強行されるのは、Jリーグ側の危機感があるからだろう。恐らく、今のまま続けていけば茹でガエルのごとくJリーグが衰退していくという読みがある。スタジアムの高齢化は叫ばれて久しいし、かつてのようなTV放送がされないことによる収益減もある。もっと恐ろしいのは、誰しもが無関心になってしまい、本来、強い代表チームを作るために盛り上がらなければならない自国リーグが衰退、また暗黒の弱い日本代表時代が訪れてしまうことで、これだけは避けなければならない。

幸い、代表戦はまだ人を呼べる。ただマーケティング調査をすると代表戦に来る観客と普段のリーグ戦に来る観客は種類が違うと言われる。この代表戦に人が呼べる今のうちに、何とかリーグ戦をテコ入れしたいというのは、Jリーグのサポーター側も賛成だろう。その方法論として2ステージ制が果たして良いのか悪いのか、こればかりはもうやってみないと分からない面が大きいと思う。反対するばかりではなく、まずは何とかしてみようとするJリーグの方針を見守りたい。

来シーズン、まずは2ステージしっかり観戦し、またJリーグの結果報告なども参考にしながら結果を咀嚼し、自分なりの態度を決めたいと思っている。(本当は今時点でも2ステージ制なんて反対だけど、前述のような課題もあり、何とかしたいという思いはJリーグと共有していると思うので・・・)

-サッカー